平成27年1月1日以降に亡くなった方から、相続税が増税されます。一番の増税の要因は、相続税の基礎控除が4割引き下げられることです。
 これまでの基礎控除は
   「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」
で計算した金額でしたが、平成27年1月1日以降からは
   「3,000万円+600万円×法定相続人の数」
となります。

 たとえば、法定相続人が配偶者、子供2名の場合、
改正前は基礎控除が8,000万円あったものが、改正後は4,800万円に引き下げになります。基本的には基礎控除以上の財産を持っている方は相続税がかかります。

 今後は、生前になにも対策しなかった人と、ちゃんと対策した人では、納付する相続税に相当の差が生じます。相続税の節税を検討するためには、まずは現状の財産であればどの程度の相続税額になるのかシミュレーションすることからスタートします。その次に、生前贈与や不動産の組換えなどの節税方法を具体的に策定、提案いたします。

 弊社では、一次相続税対策だけではなく、二次相続税対策も行っております。相続を繰り返して、財産が税金として減っていくことがないように、相続税対策にご関心のある方はお問い合わせ下さい。

201501(相)生前対策・二次相続対策